ブロードラインで大切な愛猫を守るのが飼い主の役目

\90秒で注文完了/ブロードラインの購入はこちら

猫の画像 人気のペット、猫はもともと人間と同じように自由な外出がある程度許されているペットでした。

犬のように人間といっしょにでかけるわけではなく、自分の好きなタイミングで外に出て、好きなタイミングで帰ってくる動物なのです。

しかし近年では、家の中だけで飼われる猫が増えつつあります。

そこには、事故や怪我などの安全面、知らないところで交尾をして身ごもってしまうような危険を排除するためという理由もあるでしょう。

ですが大きな理由の一つとして、感染病などの病気にかかる可能性があるからという意見も見られます。

外部からの影響によって怪我をしたり、病気を持ち帰ってしまう猫の事例は決して少なくありません。

飼い主の目の届かない所で何をしているかわからないことが多いと、病気に感染していることに気づくのも難しくなってしまいます。

では、家の中で飼われていれば猫は安全なのでしょうか?

実は、そうとも言い切れません

猫の病気の中には、家の中にいても関係なしに感染経路を作ってくる病気も数多くあります。

その1つとして挙げられるのが、フィラリア症です。

 

犬猫の天敵、フィラリア症のこわさ

猫の画像フィラリア症は、寄生虫病の一種です。

フィラリアという寄生虫が原因で発症する、ペットの感染病の中では注意喚起されることが多い病気です。

『フィラリア症といえば犬の病気』というイメージを良く持たれがちですが、実際は猫にも感染する事例があります。

また、感染が確認されているうちの一部は、室内飼いされていた猫です。

つまり、フィラリア症は屋外だけでなく室内でも感染することがあるのです。

フィラリア症は、発見が遅くなると命を落としてしまうことも珍しくありません。

それだけ危険性の高く、警戒しなければいけない病気です。

なぜフィラリア症に感染するのか

フィラリア症の感染源はどこからやってくるのか。それは『』によって運ばれてきます。

蚊は、すでにフィラリア症に感染している犬から吸血する際に、血液中のフィラリアの幼虫もいっしょに吸い込んで取り込み、運んでいきます。

次に健康な猫から吸血する時、自分の体内に取り込んだフィラリアの幼虫を猫の体に残していくのです。

このような経路で猫の体にフィラリアが入り込み、感染することになります。

猫の体内へ残されたフィラリアの幼虫は血管内を巡り、肺へたどり着きます。

そして、やがては心臓へ移って本格的に寄生を始めます。

感染したらどうなる?

心臓に移ったメスのフィラリアは幼虫を生み、体内のフィラリアの数を増やしていきます

フィラリアの成虫は白くて糸のように細長く、全長40cmほどになるものも見られるようです。

成虫が増えることで心臓や血管が詰まりやすくなり、血液の流れが悪くなっていきます。

結果、次のような症状が現れるようになります。

呼吸困難

食欲減退

おなかの膨らみ

尿が赤くなる

ですが、このような大きな症状が見られる頃には、すでにフィラリア症の症状がかなり進行していると考えられます。

フィラリア症は感染始めの頃は症状が少なく、感染後すぐにはなかなか気づけません

また、猫のフィラリア症は完全な治療方法がまだ確立されておらず、一度発症すれば完治は難しいといわれています。

フィラリア症は治療方法よりも、感染する前に予防・対策をとることが重要になるのです。

フィラリアだけじゃない、寄生虫いろいろ

猫の画像猫の寄生虫病は、フィラリア症だけではありません。

猫飼いの間では有名なノミ・ダニも寄生虫の1種にあたります。

ノミ・ダニは猫が直接外から持ち帰って寄生されることもあれば、人間にくっついていたノミ・ダニがそのまま家に持ち込まれ、家にいる猫に寄生することもあります。

ノミ・ダニは暖かくて暗く、程々に湿気のある場所を好んで寄生し繁殖します。

猫の皮膚はそれにうってつけで、さらに猫の血液を吸って養分にできるため、ノミ・ダニの格好の餌食になりやすいのです。

ノミ・ダニに寄生されると血液を吸われたことで貧血になったり、皮膚アレルギーを起こして脱毛・炎症などが現れたりします。

一度寄生すると、ノミ・ダニは一週間以内に数百匹まで繁殖できます

ノミ・ダニの寄生に気づいた時点で対処をしなければ、あっという間に繁殖を許してしまうことになるのです。

フィラリア症は蚊の多い時期に感染率が高くなる病気ですが、ノミ・ダニはあたたかい室内にいる限り、年間通して寄生される可能性があります

ノミ・ダニに対しては、駆除を定期的に行うことが1番効果的な対策方法となるでしょう。

 

ブロードラインは通販でも続けられるフィラリア予防

猫の画像飼い主さんの中には、動物病院に行った際に『フィラリア予防』や『ノミ・ダニ駆除』に関する呼びかけを目にした人もいるのではないでしょうか?

やはり、愛猫にフィラリア予防やノミ・ダニ駆除を受けさせたいと思ったら、動物病院へ行くのが確実な方法という認識があると思います。

実際に病院で受けられるフィラリア予防やノミ・ダニ駆除には、塗り薬・飲み薬・エサタイプなどいくつかの種類が見られます。

猫の予防薬として一番多いのは、体に直接塗って使用するタイプです。

『ブロードライン』は、そんな塗り薬タイプに作られた猫用予防薬の1つになっています。

動物病院から処方され、多くの愛猫家から使用され続けている薬です。

すぐできる!ブロードラインの使い方

ブロードラインは月に1回、毎月同じ日付に使用してください。

1回にシリンジ1本分を使用すると、薬の効果が1ヶ月続くことになるので、それ以上の頻度で使用するのは避けるように注意してください。

まずシリンジをパックから取り出し、薬液をこぼさないように気をつけながらキャップを開けます。

猫の肩甲骨、背中側の首の付け根あたりの毛をかき分けて、皮膚に直接薬液を出すように内筒を押してください。

一気に出そうとすると薬液が飛び散ることがあるので、ゆっくりすべて出し切るようにしましょう。

一度で3つの効果を持つブロードライン

通販を使ってる様子ブロードライン1つがあれば、一気に3つの寄生虫病を防ぐことができます。

まず、フィラリア予防です。

ブロードラインの有効成分は皮膚を通して血管内まで吸収され、血液中に混じっていたフィラリアの幼虫への駆除効果を発揮します。

この駆除効果によってフィラリアの成虫が体内で育たなくなり、仮に新しいフィラリアの幼虫が侵入しても、肺や心臓にたどり着く前に駆除されます。

フィラリア症は、正しい予防対策によってほぼ確実に防げます。

ブロードラインは、一度使えばフィラリア症を高い効果で1ヶ月間防いでくれるので、猫と飼い主さんはブロードラインを使った1ヶ月間、フィラリア症のことを考えずにのびのびすごしていられます。

次に、ノミ・ダニの駆除です。

ブロードラインの有効成分が混じった血液を吸ったノミ・ダニは、筋肉の麻痺を起こして活動できなくなり、卵を生む前に駆除されていきます。

このような効果が1ヶ月続くため、ノミ・ダニは一度駆除された後も再寄生できません

ブロードラインは、寄生しやすいノミ・ダニからも猫を守ってくれるのです。

さらに、おなかの中の寄生虫にも効果があります。

猫のおなかの中に寄生する虫の中には、猫回虫や猫鉤虫、瓜実条虫などがよく見られています。

このような寄生虫は、猫がいつのまにか体内に取り込んでいたり、飼い主さんの靴の裏に付着して家まで持ち帰られていたりします。

ノミ・ダニと同じく、日常の中で寄生される機会の多い虫です。

ブロードラインを使えば、このような寄生虫病にも駆除対策できます。

猫にいくつもの薬や処方を我慢させなくても、ブロードラインなら一度で幅広い対策をとれるのは大きな特徴です。

猫へのストレスを少なく抑えながら、猫の健康を薬の力で守りたい。

そんな飼い主さんの思いは、ブロードラインで叶えられるかもしれません。

 

ブロードラインは通販からできる猫の予防対策

通販を使ってる様子このように、ブロードラインは幅広い効果を発揮して多くの猫の健康を守ってくれます

いまや、猫のフィラリア予防としてブロードラインを選ぶ飼い主さんや獣医師は少なくありません。

フィラリア予防は以前に比べると予防意識が高まりつつあり、都会の方ではすでにフィラリア感染の減少も確認されています。

ですが、予防対策が追いついていなかったり病院の数が少ない田舎の方では、いまだ犬や猫のフィラリア感染が絶えません。

どこにいてもそんな環境にいても、ブロードラインの処方を平等に受けられるような医療環境が必要です。

そこで、病院よりも利便性が高いと評判なブロードライン通販の出番です。

ブロードライン通販はカンタン便利な対策方法

実はブロードラインは病院だけに限らず、通販という方法で購入できるようになっています

ブロードラインの通販は、個人輸入代行といわれる仕組みで行われます。

個人輸入代行は、海外の商品の取り寄せを代行サイトに行ってもらうというものです。

海外の会社に直接商品の注文をする場合、外国語を使って手続きをしなければいけません。

このような手続きは、外国語を使い慣れている人でなければかなりの手間がかかります。

そこで、代行サイトでは海外の会社への注文、発送手続きなどを利用者の代わりに請け負ってくれています。

通販を使ってる様子利用者は最後まで日本語だけで手続きを済ませられるので、普通の通販と同じような感覚で最後まで利用可能です。

さらに、通販で購入すると病院まで足を運ぶ手間も省けるため、通院の時間をなかなか確保できない飼い主さんにはおすすめの購入方法となっています。

飼い主さんだけではなく、病院を嫌がる猫のストレスも軽減できるので、病院嫌いの猫がいるお家にとっても役立ちます

病院に行かなくていいというだけではなく、通販サイトの活用方法次第で、ブロードラインを病院よりも安く購入できるチャンスがあります。

動物病院では見られないような割引き、ポイント活用などの特典を使うことで、ブロードライン通販はずっとお得に利用できるようになっているのです。

ブロードライン通販は合法として認められた買い方

ブロードライン通販がどのように便利でお得なのかはわかっても、安全面において気になる飼い主さんはいるかもしれません。

特に「海外の薬を通販で購入して問題はないのか?」という点に関しては、多くの人が不安に思うところではないでしょうか。

ですがこれについては心配なく、ブロードライン通販の本質である個人輸入代行は、日本ではすでに合法として認められた行為です。

財務省などの条件により、『自己責任で行われる個人輸入代行は合法』であると決められています。

定められた条件の範囲内であれば、ブロードライン通販が違法行為になる心配はないので、安心して利用してみましょう。

 

ブロードライン通販サイトの使い方手順まとめ

通販を使ってる様子ブロードライン通販は簡単にできると説明しましたが、実際に使ったことがないという人にとってはイメージしづらい部分も多くあると思います。

ほぼすべてが日本語で構成されたブロードライン通販サイトは、日本人にとって使いやすいサイトになっています。

日本の通販を利用したことがある人にとっては、特に説明がなくてもスムーズに利用できるほど、シンプルでわかりやすいです。

もし通販の利用に慣れていなくても、この通販に難しい手順は存在しないので、身構える必要はありません。

ブロードラインを通販で購入する時の手順について、ここでまとめておきます。

サイト内で商品を探す

通販サイト内からブロードラインを探してください。

商品数が多くて見つけにくい場合は、サイト内に設置されているキーワード検索やカテゴリー欄などの機能を使うと、スムーズに見つけやすくなります。

購入する数を決め、カートへ確保

今回の注文で購入する数を決めて、その分だけカートへ入れて確保しておいてください。

サイト内で他に気になる商品がなければ、次の手続きに進みましょう。

注文手続きを進める

注文手続きでは連絡先、配送希望先の住所、支払い方法などの情報が必要になります。

入力した情報内容にミスがないのを確認したら、注文を確定させます。

代金の支払い

注文確定したら、通販サイトから注文内容や代金支払いに関する連絡が届くと思います。

自分が選択した支払い方法に従って、代金の支払いを支払い期限以内に済ませてください。

支払い期限を過ぎると、自動的にキャンセル扱いになることが多いので注意しましょう。

商品が届くのを待つ

ブロードラインの画像支払いが完了したら、後はブロードラインが届くのを待つだけです。

ブロードライン通販は海外経由なので、配送には時間がかかりがちです。

長い時には2週間ほどの日数がかかることもあります。

余裕を持った注文を心がけ、到着を待つようにしてください。

ブロードラインの購入はこちら

ブロードライン通販は愛猫の命を守るための一歩
タイトルとURLをコピーしました